「2018年にしたい100のこと」をバレットジャーナルに書きました!

こんにちは、KAZUです。

2017年末に、

「2018年の目標を立てよう!」

とあれこれ考えていたのですが、

 

「どうせなら2018年内にやりたいことを書き出してみよう!」

「箇条書きにして思いつくものを片っ端から100個書き出してみよう!」

 

と思い至り、実際に100個書き出しました。

せっかくですので、その100個の中身と、それをどうやって書いたか、今後どうやって扱っていくかについて少しご紹介します☆

「2018年にしたい100のこと」の中身の一部を公開!

まずは、リストにあるものの中から、10個ピックアップしてご紹介しますね。

 

1.毎日英語学習

ボクにとって言うまでもなくやっていくことをリストインしました。

昨年は1秒も英語学習しなかった日が数日あったので、今年はどんなに予定が詰まっていてもスキマ時間を見つけて学習を継続させていきたいです。

 

2.英語系交流会に参加

Meetupのイベントでも英会話喫茶でもいいので、今年は外に出て新しい交流やつながりを作りたいと思います。

 

3.イギリス旅行をする

2016年夏に旅行して、翌年もと考えていたのですが、昨年は日程の都合上できませんでした。

 

4.ダウントンアビーを全話見る

一時期にまとまってみるけど、また見るのを辞めてしまって、まだシーズン2の後半です。

 

5.ブログを継続する

今まで、一定期間書いては一定期間更新ストップ、ブログの作り直しというサイクルを繰り返してきているので、今年は是非書き続けたい!

 

6.週2でブログ記事を書く

ブログを継続する手立てとしては書き続けることが必要なので、最低でも週2記事を目標とします。

 

7.ベルマーレグッズ(福袋)を買う

お正月の福袋を無事にゲットすることを2018年したいことリストに入れました。これが、叶えることができた最初の項目になりました。

 

8.江の島シーキャンドルイベントに参加する

サムエルコッキング苑でのキレイなライトアップ、まだ行ったことすらないので今年は必ず行きたい、行くよって思いをこめてリストイン。

 

9.仮想通貨積立を開始する

余裕資金で運用していく予定です。仮想通貨取引所のZaifでの口座承認待ちで、終わり次第、いくつかの銘柄で積立を始めます。

 

10.手帳に記録し続ける

毎年、「新年になったら今回こそは手帳をつけるぞ!」

と意気込むのですが、白いページが増え、手帳を開かない日が増え、手帳の存在をいつの間にか忘れている…

という流れですが、今年はMarieさんのバレットジャーナルについての本を読んで新しい手帳ライフを始めたので、これを最後までしっかりと継続したいです。

 

以上、100個のうちの10個でしたー。

「2018年にしたい100のこと」の書き方。

ボクの「2018年にしたい100のこと」、どうでしたか?

最初、100個って聞くと、

 

100個ってそんなたくさん書けないよ

 

とお思いになるでしょうが、

ご覧いただいた通り、やりたいことを端的に一つひとつ挙げていけば、100個はすぐに書けますよ。

普段何気なくやっていることを改めて、「○○する」でもいいですし、

行きたいところを、「○○に行く」でもOKです。

映画が好きな人は、

「○○を映画館で見る」「月1で映画鑑賞する」

読書が好きな人は、

「毎日読書する」「本を50冊読む」「カズオ・イシグロの本を読む」

などなど。

まずは、自分の好きなことや趣味から考えて見ると、たくさん出てきます。

 

そしてポイントは、

 

今までしたことないけどしてみたいと思うこと

 

をリストインしてみることです。

その場合のハードルは低めに。

例えば、英検を始めて受ける方は、「○級合格!」ではなくて、

 

「英検○級を受験する」

が良いです。大きなハードルよりもまずは目の前の小さなハードルを乗り越えることで達成感を得ましょう!

「2018年にしたい100のこと」の扱い方。

最初に100個書き出したときに、iPhoneのメモアプリに打ち込んでいきました。

そして、清書として一番自分の目につくところへ転記します。

ボクは、バレットジャーナルにそのページを作りました。

 

『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』で2018年からより良い手帳ライフを始めよう!

 

新年の目標や、決意、そしてこのようなリストを作る際に大事なことは、

 

常に見える化すること

 

です。

いつも目にするところに書き留めておくことで、

 

  1. 項目を見る度に意識づけになる
  2. 忘れていても思い出すことができる

 

というメリットがあります。

さらに、リストの中からやり遂げたこと、クリアしたことをチェックしていくことで達成感が生まれます。

2018年、充実した生活を送るために、今年のテーマを意識しつつ、リストに書いたことを見ながら、楽しく歩んでいきたいと思います☆

謹賀新年。2018年のテーマを決めました!

 

 

コメントを残す