2018シーズンの選手名鑑、サッカーダイジェスト版かエルゴラッソ版のどちらが買いか?

こんにちは、元野球少年でサッカー経験のないサッカー観戦好きのKAZUです。

選手名鑑、今年はサッカーダイジェスト版とエルゴラッソ版の2冊を購入しました。

それぞれ読んでみた感想と気づいた特長を記事にまとめてあります。

サッカーダイジェスト版のJリーグ選手名鑑は54クラブ+αのデータ量でオススメの一冊!
エル・ゴラッソ版のJリーグ選手名鑑は番記者が書いた選手情報で楽しめる読み応えのある一冊!

どちらもぱっと見は似ている選手名鑑なので、どちらを買ったらいいか迷いますよね。

今回はどちらがどのように違うのか、簡単にまとめてみます。

サカダイ版とエルゴラ版のそれぞれの特長について。

サッカーダイジェスト版にあって、エル・ゴラッソ版にない特長をさっそく挙げてみると、

 

  • 通常版は特製クリアファイル付き
  • 選手写真の下隅に選手のサインがプリントされている
  • 選手の細かいプレイデータが記載されている
  • 紙面の色づかいが豊富
  • 解説者名鑑・日本代表名鑑・欧州組名鑑が掲載されている
  • 1993年からのJリーグ順位表等のデータ付き
  • チームのページに広告が入っている

 

というところです。

反対に、エル・ゴラッソ版にあってサッカーダイジェスト版にない特長をあげると、

 

  • エル・ゴラッソの新聞版同様の左開き型雑誌
  • 選手の年度別データの欄に監督名が入っている
  • J1のチームにはユース出身者や生え抜きの割合が分かる円グラフ表示がある
  • J1のチームにはチームの年齢バランスと平均年齢が示されている
  • J1のチームには番記者Q&Aがある
  • 名鑑のページはチームカラー色を中心としたシンプルな色づかい
  • J3ライセンスを保有する4チームの名鑑がある
  • 名鑑のページには広告がいっさい含まれていない

 

というところです。

サカダイ版かエルゴラ版か、選ぶ決め手は?

雑感でいえば、

 

雑誌力vs新聞力

 

という感じがします。

サッカーダイジェストは歴史があるサッカー専門雑誌で、データ量とその細かさを重視している感じです。

一方のエル・ゴラッソは、週3回発行とハイペースで取材をこなしサッカーファンにとって嬉しい内容のある情報を提供してきただけあって、

取材に裏打ちされた圧倒的な情報量を重視している感じがします。

したがって、データを重視するならサカダイ版、楽しい選手情報を堪能したいならエルゴラ版となります。

あとは上記で述べたとおり、多少の違いがあるのでそこを加味するといいでしょう。

ボクは今回初めて両方を買いました。

サッカーダイジェスト版は今まで読んできたので安心感があるし、データが豊富で良いなと改めて実感しています。

エル・ゴラッソ版は初めてでしたが、紙面構成の違い等はすぐに慣れ、思っていた以上に楽しみながら読めているので良かったなと思っています。

どちらか1冊は実家に持って行って置いておこうと思ってます。

「読む」ことを考えるなら通常版がオススメ。

「省スペース重視」「携帯用」「字の小ささが気にならない」のであればハンディ版がオススメ。

ぜひ、Jリーグ開幕前に選手名鑑を手にとってみてくださいね♪

 

サッカーダイジェスト版はこちら↓↓↓

 

 

エル・ゴラッソ版はこちら↓↓↓

 

 

エルゴラッソから、「Jリーグプレイヤーズガイド」も発売します。

 

コメントを残す