【茅ヶ崎/カフェ】『黒糖茶房』 雰囲気最高の和カフェのランチメニュー、黒糖生姜カレーを食べてきたよ!

 

こんにちは、KAZUです。

 

今回は以前から気になっていた、神奈川県茅ヶ崎市にある『黒糖茶房』に行ってきました!

黒糖入りの「黒糖生姜カレー」の感想。

生姜はわかるけど、黒糖で味付けしたカレーってどんなだろう?

 

期待しながら待っていると、やってきました!

 

 

左のお椀のふたを開けると、

 

 

カレーのルウの登場です!

 

この中にきっと黒糖が!

 

 

ご飯の上には地元産の焼いた野菜が盛られています。

 

見た目がとてもヘルシーですね♪

 

 

カレーをご飯の上に適量乗せて少しずつ食べてみました。

まず、カレーのルウなんですが、口に入れた瞬間はカレーそのものの味を損なわない優しい甘みが広がります。

時間をかけて味わって食べてみると、今度はカレーらしいスパイスの味が口の中に広がっていきます。

甘さと辛さの2種類が味わえるカレーです。

後味は完全にスパイスの効いた少し辛さがあるカレーです。

辛いのがダメな人には厳しいかもしれませんが、少しスパイスの効いたカレーを求めている人にはおススメです。

野菜も食べ応えがあり、特に人参とサツマイモが甘くて美味しかったです。

サラダとお新香も加わって、ヘルシーなメニューでした。

 

ヴァリエーション豊富な『黒糖茶房』のランチメニュー。

店外の看板にがあります。

 

「黒糖生姜焼」に「黒糖ドライキーマカレー」。

うどんやパスタ、丼物もあるんですが、全て隠し味として黒糖が使われているそうです。

また、15お年の伝統を誇る老舗の熱海「釜鶴ひもの店」の絶品干物ランチが看板メニューとして出されてます。こちらも黒糖が使われているそうです。

公式ホームページに写真付きで詳しく記載されているのでそちらを参考にしてくださいね。

 

黒糖茶房 公式ホームページ
https://www.kokutosabo.com

黒糖へのこだわり。

『黒糖茶房』では黒糖の中でも世界中で一番良質と言われている沖縄純黒糖のみを使用しています。

沖縄黒糖が作られているのは沖縄県の8つの島です。

島それぞれの気候や土壌、風土によって味や風味が少し異なるそうです。

黒糖には、他の甘味料と比べるとビタミンとミネラルが豊富です。疲れを取るとか、おつうじがよくなるとか、美容にも良いとか様々な効果が期待できます。

『黒糖茶房』では8つの島の黒糖を全て取り揃えているそうです。

ドリンクで「本日のお茶」を選んだ際に、黒糖が付いてきました。

 

 

この日のお茶は「黒烏龍茶」で、黒糖は伊江島産のものです。

店内では黒糖製品の販売があったので、これを機に少し買ってみました。

今度、食べ比べをしてみたいと思います。

『黒糖茶房』へのアクセスと営業時間。

『黒糖茶房』はJR茅ケ崎駅南口から海の方へまっすぐ伸びるバス通り(雄三通り)を歩いて8分のところにあります。

ガードレールがない片道1車線の通りですが、お店や住宅などが軒を連ね、車も人通りもそれなりにある道なので、歩く際はお気をつけください。

営業時間は、

 

  • 9:00 ~11:00 モーニング&カフェタイム
  • 11:00~13:30 ランチタイム(ランチメニューのみ)
  • 13:30~19:00 カフェタイム(軽食あり)

 

定休日は毎週火曜日と毎月第1水曜日となります。

ランチタイムには特典があり、ランチメニューはそれぞれドリンク付きですが11時30分までにオーダーすると、ドリンク2品注文可能となります。

ボクは、先ほど紹介した黒烏龍茶のほか、ホットコーヒーも注文しました。

 

 

1品だったら本日のお茶はオーダーしなかったところでした。本日のお茶を追加して黒糖をいただくことができたので大満足です♪

次回は気になるモーニングメニューの黒糖パンやデザート系に挑戦したいと思います!

コメントを残す