【イギリス建築】旧英国総領事邸の『横浜市イギリス館』は無料で見学可能。見どころの一部を紹介!

こんにちは、イギリスと銘打たれているものが気になるKAZUです。

西洋館が立ち並ぶ横浜山手地区にある港の見える公園内にある『横浜市イギリス館』に初めて行ってきました。

見どころになる部分を写真付きで紹介します!

『横浜市イギリス館』の歴史。

横浜市イギリス館は、昭和12(1937)年に、上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。
昭和44(1969)年に横浜市が取得し、1階のホールはコンサートに、2階の集会室は会議等に利用されています。また、平成14(2002)年からは、2階の展示室と復元された寝室を一般公開しています。
引用元:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/british-house/

上海の大英工部総署は他に、1931年に日本大通に開設されたイギリス総領事館(現横浜開港記念館旧館)や東京の駐日英国大使館、山口県の旧下関英国領事館、北海道の函館市旧イギリス領事館なども設計しているのだそうです。

『横浜市イギリス館』の内部を紹介します!

入口から1階、そして2階へと写真を中心に紹介します。

横浜市イギリス館への入口と玄関。

道路側からの入口。

道路側からの入口

正面入口。

正面玄関

1階ホール、配膳室、台所。

中へ入り、事務室を横目に廊下を左に曲がるとホールがあります。

 

この日はホールは使用中のため、見学はできませんでした。

この日はホールは使用中(見学不可)

 

ホールを通り過ぎるとすぐに2階へ向かう階段がありますが、階段は上がらず廊下を直進すると、台所があります。

 

食堂前の廊下。

台所前にある配膳室

戸棚にティーカップ等が並んでいます。

戸棚にティーカップ等が並ぶ

台所

2階階段、展示室、寝室、集会室。

台所からホールへの廊下に戻り、階段を上がります。

 

階段ホールの照明

階段ホールの照明

日本の洋家具作りの歴史を伝える展示

日本の洋家具作りの歴史を伝える展示

 

廊下を左方向へ進むと、展示室があります。

 

 

展示室の奥へ進むと、丸窓が印象的な小さい部屋(休憩室)があります。

 

丸窓のある休憩室から見た展示室全体

丸窓のある休憩室から見た展示室全体

 

廊下に戻り、となりの部屋の化粧室へ行きます。

ちょっとした展示と、動画によるイギリス館紹介映像が流れています。

 

 

ここから奥の寝室へ行きます。

 

 

奥には休憩室があります。

 

 

廊下に戻り、最後に集会室です。有料になりますが、借りることが可能だそうです。

 

 

ざっと各部屋の様子を写真でお伝えしました。

イギリス館の中はそれほど広くありませんので、じっくり時間をかけても30分くらいで全て見て回ることができます。

イベントが定期開催されていて、展示物とその配置が変わるようです。

また、イギリス館の近くにはイングリッシュガーデンとローズガーデンがあります。

冬の季節はガーデンの見どころが少ないので、花が咲く季節に合わせて訪問すると、楽しみが倍増すると思います♪

『横浜市イギリス館』のある場所。開館時間。

電車で行かれる場合は、みなとみらい線「元町・中華街」駅の6番出口アメリカ山公園口から出てください。

「元町・中華街」駅は駅が長く、中華街や山下公園方面出口から出てしまうと、目的地から少し離れてしまうのでお気をつけください。

アメリカ山公園口でエレベーターかエスカレーターで上にあがり、アメリカ山公園を抜けてまっすぐ進んでいくと6分くらいでイギリス館に到着します。

JR「桜木町」駅からバスを利用する場合は、神奈川中央交通バス11系統、市営バス20系統、または市営バス「あかいくつ」で「港の見える丘公園」で下車してください。徒歩1分ほどで到着します。

開館時間は9:30〜17:00です。

休館日は毎月第4水曜日(祝祭日の場合はその翌日)と年末年始(12/29〜1/3)です。

入館料は無料です。

 

 

『横浜市イギリス館』がある横浜山手地区は、西洋館が多く立ち並び、大きな公園もあり、異国情緒を感じながら散歩するのにオススメです。

今回は1階ホールを見学できなかったので、また訪れたいと思います。

コメントを残す