C大阪2-1湘南(J1第5節)湘南の風に揺らぎながらも最後に舞い上がった桜。湘南らしいサッカーで見応えのある試合を見せるも敗戦。

こんにちは、2012年シーズンから湘南ベルマーレを応援しているKAZUです。

開幕戦勝利から2試合連続ドロー、そして前節はFC東京に敗戦。

東京の守備に手も足も出ず負けてしまったけど、その試合前までの戦いはとても良かっただけに、そろそろ開幕戦以来の勝利といきたいところでしたが…

DF岡本拓也の同点ゴール、後半の多くの時間帯は湘南ペースでしたが、途中出場のFW杉本健勇に決められ、これでリーグ戦2連敗となってしまいました。

参考

MATCH DATA : 第5節 vs C大阪湘南ベルマーレ公式サイト

テンポの良い攻撃を見せるものの、シュート数はわずか4本。

FC東京戦では、相手の明確な守備戦術にはまり、シュート2本、後半にいたっては0本と押さえ込まれました。

この試合はシュート数わずか4本。

DF岡本拓也が2本、MF松田天馬と途中出場したFW端戸仁がそれぞれ1本ずつ。

シュート数が全てではないですが、シュートがこれだけ少ないと相手の脅威にはなりません。

ここまでのリーグ戦の試合を見てみると、

  • vs 長崎 シュート数8
  • vs 川崎 シュート数11
  • vs 名古屋 シュート数5
  • vs FC東京 シュート数2
  • vs C大阪 シュート数4

平均シュート数は6です。

今季の湘南ベルマーレのシュート数が少ない原因は、2つ挙げられます。

1つは、

  • シュートにつながるラストパスの精度が低い
  • ボールを大事にする意識がより強くなった

この試合では、MF松田天馬を中心に、両サイドからもバランス良く攻めていたのですが、フィニッシュにつながる最後のボールの精度が低いため、シュートにもっていけない感じがしました。

また、ボールを受ける選手のトラップの精度に問題もあると感じます。

これは連携の問題もあるので、これから練習して精度を上げていくしかないでしょう。

2つ目に挙げた、「ボールを大事にする意識」については、シュートシーンのみならず、ディフェンス面でもうかがえます。

本当に危ないシーンではセーフティファーストでクリアするけど、そうでなければ後ろからしっかりつなぐようプレイしているというのが実感できます。

攻撃でも、強引に、やみくもにシュートを打つよりは確率を上げるための次への展開というのを意識していますね。

局面によってここはシュートを打ってみるのか、大事により確実性の高いプレイにつなげていくのかという選手個々の判断力を上げていくしかないと思います。

長所を見失わずに、成長を期待したい大野和成。

DF大野和成といえば、対人に強く、相手へのパスを読んで前に出てインターセプトするアグレッシブな守備です。

2012年、2013年と湘南でプレイしたその長所はさらに迫力を増して、湘南の左サイドの守備に安定感をもたらしているのは間違いのないところ。

やはり、大野はなくてはならない存在です。

しかし、この試合ではC大阪の1点目シーンでは相手GKに対して相手をマークしていたけどボールが頭を越えて相手に後ろを取られ、2点目のシーンではFW杉本健勇に入ったボールを奪いに行こうとしたところで杉本に振り切られてしまいました。

特に2点目のシーンでは、抜かれて中に入られると味方の人数が少なくて不利な状況になるし、相手も人数が揃っていたわけではないので、杉本の進路を塞いで前を向かせない守備をするのが良かったかなと思います。

しかし、大野の判断としてはボールに触れるか、杉本にうまく寄せて自由に守備させないという意図を持ってプレイしんだと思いますし、

そこが大野の良さで幾度もチームを救ってきているので、その良さは消さずに、プレイの判断力がついてきたらいいなと思います。

縦への意識も強い大野は、左サイドからのクロスで岡本のゴールをアシストしています。

まだまだ、大野はこれから成長しますよ♪

攻撃の起点としてカギを握る、石川俊輝。

リーグ戦のスタメンは第3節の名古屋戦以来、2試合目となったMF石川俊輝。

MF松田天馬とともに、中盤で縦横無尽に動き回ってボールを捌き、ときには高い位置まで上がり攻撃の起点になっているのが印象的でした。

石川は後ろの守備に対するケアだけじゃなく、前でボールを受け、縦パスを狙うというプレイが昨シーズンとても多かったです。

そして、今季開幕戦の長崎戦で途中から出てきてチームが締まったように、石川がいるとチームが落ち着くんですね。

FKのこぼれ球をしっかりとゴール前に詰めていてJ1初得点を決めたのは記憶に新しいところ。

今年はシャドウのところに、MF梅崎司とMFアレン ステヴァノビッチが加入したことによりシャドウのポジション争いが激化、

昨シーズンはシャドウで出場が多かったMF菊地俊介がボランチのポジションに降りてくることが考えられたのですが、

石川こそ湘南らしいサッカーを促進する、なくてはならないキープレイヤーです。

Next Match : vs 鹿島アントラーズ(Home)

ミッドウィークのルヴァンカップ神戸戦(Home)を挟んでのゲームです。

これまでの5戦は全て1点差以内で勝敗が決しています。

負けた試合でも、勝ち点を取れる可能性は十分にありました。

全力でALIVEして良いゲームを見せ、今度こそはGET3してくれることを期待します!

では!

みんなでALIVEしようぜ!!

コメントを残す