♯英字記事100本チャレンジを完走したよ!

こんにちは、毎日英語学習しているKAZUです。

年始から始めた、「♯英字記事100本チャレンジ」で先日ようやく100本到達しました!

 

英字記事を読み、上記ハッシュタグをつけてツイートするのが、「♯英字記事100本チャレンジ」です。

英字記事100本チャレンジで多読チャレンジ!

 

年始にスタートし、5ヶ月ちょっとで100を数えることができました。

今回はその振り返りを簡単にまとめます。

英字記事100本チャレンジの成功体験。

最初の1ヶ月で72記事を消化し、そのときに以下のブログ記事を書きました。

英字記事100本チャレンジで改めて実感した、多読のために大切なこと。

そのときに気がついたこととして、

英字記事を読むことを習慣化することを目的とする場合には、

  • 読みたい(興味がある)記事を選ぶ
  • 読む時間を決める

ことが大事と記しました。

1月下旬から2月の上旬に入院していたこともあってベッドの上でやることが限られている中、以下のようにルーチンを作りました。

  • 起床後に英字記事を読む
  • BBCやBBC SPORT、NME、ハッシュタグから拾った記事を読む

このことにより、ほぼ確実に且つ楽しみながら読むことができて、数を順調に重ねました。

読みたい記事を探し出して、読む時間を決める、これだけでしっかりと英語多読習慣を形成することができます。

英字記事100本チャレンジの失敗体験。

残りの28記事を読み終えたのは、退院して仕事に復帰後してから約3ヶ月半ほどを要しました。

英字記事を読む量が減ってしまった原因は何か?

振り返るとそれは、

  • ライフスタイルが変わった時点で読む時間を明確にしなかった
  • 英語学習の中での英字記事100本チャレンジの優先順位を下げてしまった

ことによります。

生活の変化で日々のスケジュールが大きく変更になったので、それまで朝イチで読んでいた習慣を変えなくてはなりませんでした。

加えて、英検関連の学習を始めたり、NHKラジオ講座の開始や英文音読に力を入れたりしていて、英字記事100本チャレンジの優先順位が低くなり、あっという間に読む習慣は消えてしまいました。

英語学習をする習慣は無意識に行なっていても、その中身のどんな学習をするかはそのときに応じてコントロールしなくてはなりません。

日々の英語学習に使う時間が限られているのであれば、優先順位が高い学習でその時間が埋まってしまうので、中身について吟味する必要があります。

今考えても、ボクの場合はまだまだ英語のインプットが足りないので、英字記事多読を続けていく必要があると感じていますので、習慣を再形成したいと考えています。

英字記事100本チャレンジのこれから。

100本到達しても、すぐにこのTwitter上のアクティビティを続けていくことにしました↓↓↓

 

カウントメーターの分母を100から200に変えて、続けていきます♪

コメントを残す