SpigenのiPhone X Classic ONEは初代iPhoneをモチーフにした洗練されたデザインと耐衝撃性を兼ね備えた万能な限定iPhone Xケースだ!

こんにちは、KAZUです。

iPhoneをはじめとしたスマートフォンケースや周辺機器でお馴染みのメーカーのSpigenから、

初代iPhone風のデザインのケースがリリースされました!

 

 

 

参考

Spigen公式ストアSpigen公式サイト

 

ボクのiPhone歴はiPhone 4sからになります。

そのときから、Spigenから発売されるケースと強化保護ガラスにはたびたびお世話になっています。

iPhoneのデザインにマッチしたコンセプトを持っていて、シンプルなところが好きですが、iPhone XではまだSpigenのケースを買っていませんでした。

初代iPhoneは日本では発売されていませんでしたが、丸みを帯びたデザインがかなり気になっていてすぐにポチって入手したので、レビューします!

iPhone X Classic ONEをアンボックス。

宅急便コンパクトという形で届きました↓↓↓

 

 

ダンボールを開封すると、パッケージがお目見え。

 

 

「10th Anniversary Limited Edition」の文字が見えますね。

箱の裏面には、iPhone Xへの装着と脱着の仕方が載ってます。

 

 

黒い太めの紐を引っ張り出して開封するようになってますが、そこにもメッセージがあります。

凝ってますね↓↓↓

 

 

開封します↓↓↓

 

 

丸みを帯びたデザインということがよくわかりますね♪

 

 

ケース内側に刻印がされています。

 

 

各側面はこんな感じです。

 

 

 

Spigen Classic OneをiPhone Xに装着。

箱の裏面に書いてあった通りにケースに装着してみました。

 

 

iPhone Xと同時期に発売されたケースは実機がないまま作られたものも多く、iPhone Xをはめ込むとキツすぎたり緩かったりということがありますが、

このペースはピタッとはまるので安心です。

他社製の強化保護ガラスを付けていますが、干渉する問題はありませんでした。

厚みはそれなりにあるため、マナースイッチが奥まってしまいます。

 

 

Appleのロゴマークを活かすために切り取りがされているのは、こだわる方々にとっては嬉しいところですね。

カメラもしっかりと保護されています。

 

Spigen Classic OneをiPhone Xに装着して使用してみた感想。

手へのフィット感ですが、厚みがあって保護を第一目的としているケースと比べれば気にならないところです。

しかし、薄さや軽さを重視している方々には少しは気になるかもしれません。

アルミボディなのでややツルツルしていますが、触ってみてダントツに良いところは、

エッジから背面全体のラウンド感、丸みを帯びたところですね。

背面の中心に向けて丸みがあります。

触り始めるとしばらく触りたくなる感触ですよ♪

そして、もう一つ良いところは、Apple製品のシルバーとの親和性です。

ご覧の通りボクはiPhone Xのシルバーを使用していますが、背面がガラスになったこともあり、シルバーといっても今までのAppleのシルバーとは色味が違います。

少し白っぽさがあります。

ところが、このClassic Oneは初代iPhoneをモチーフとされているので、背面のシルバーはAppleがMacなどで採用してきたシルバーと同じ色味です。

ボクはApple製品をシルバーで揃えているので、これでカラーが揃いました↓↓↓

 

 

Appleが元々備えていたデザインを損なわず、かつそれなりに衝撃から保護するケースとしては大満足の製品です♪

 

 

ボンダイブルーがあざやかなiMac G3風のiPhone Xケースも。

この初代iPhone風のケースの発売を知ったのは「ギズモード」の記事だったのですが、もう一つ、「欲しい!」と思う製品が登場する予定とのことです。

あざやかなボンダイブルーがトレードマークのiMac G3のようなケースです。

 

2018年5月6日で、iMac G3の発売から20年が経過したことになります。

つまり20周年ということです。

初代iPhoneと同様にこちらも使用したことはないのですが、当時ちらっと見かけたことがあって目を惹く印象的なデザインでした。

海外では発売済みですが日本ではまだ発売してないので、発売したら是非、購入してみたいと思います。

Spigen Class Oneのまとめ。

  • SpigenのiPhone10周年限定モデル
  • デザインは初代iPhone風(初代iPhoneは日本未発売)
  • カラーはシルバーのみ
  • iPhone背面のAppleロゴが見えるデザイン
  • 米軍MIL規格取得
  • 定価は4,390円
  • Amazonで購入すると2,690円(2018年5月30日現在)
  • マナースイッチは奥まってしまう

 

先日、iFaceのケースを購入しましたが、

仕事ではこちらのiPhone X Classic Oneで、

プライベートや休日ではiFaceという風に使い分けをしようと思います。

スマートフォンをよく使う人は毎日頻繁に手に取るわけですから、ケースのデザインやホールド感、保護力が大事です。

初代iPhoneのデザインに惹かれて、保護力も考えるならオススメのケースです♪

 

 

コメントを残す