ヴァーチャル夏休みに参加してこの夏の英語学習を充実させよう!課題と目標を公開します!

こんにちは、毎日英語学習しているKAZUです。

すでに日本列島は夏真っ盛り…

この時期に35度オーバーというのは記憶にないですね…

もう早くも夏を、いや、夏というより真夏を感じているのですが、

明日から7月21日、ということで小中高生には待望の夏休み!

もちろん社会人には関係ありません。

が、過去に経験したあの夏休みを有意義に使えちゃう企画が今年もやってきました↓

 

「ヴァーチャル夏休み」(通称:ヴァ夏)とは
7月21日〜8月31日の小中高でいう「夏休み」という期間に取り組む課題と目標を決めて、それと日々の取り組みなどをTwitter上で「#vana10」を付けてツイートするという取り組みのこと。

 

毎日ツイートすればそれが良い振り返り時間となるでしょうし、#vana10でツイート検索すれば他の参加者の様子がわかり励みになります。

参加するには最初に「#vana10」を付けてツイートすればよいだけですが、参加する前に課題と目標を考えなければいけません。

ということで、まずは課題と目標を設定してみます。

ヴァーチャル夏休みでの課題と目標。

この記事のタイトルでは、「英語学習を充実させよう!」と書きました。

もちろん、英語学習だけでなくて良いのですが、個人的にはやはり英語学習が中心になります。

まず、ざっと課題を箇条書きで書いてみます。

  1. 英語基礎の確認(課題図書2冊)
  2. イギリス英語教材の音読と発音練習
  3. 洋書多読
  4. 英文記事多読(英字記事100本チャレンジ200本クリアを目指す)
  5. 英検1級取得に向けての学習

 

全体を通しての目標は、

  1. 毎日英語学習をする
  2. 音読と多読を中心に
  3. イギリス英語に触れると同時にイギリス文化を楽しむ

 

です。

ひとつずつ詳細を書きます。

1. 英語基礎の確認

すでに「vana10予習中」にハッシュタグをつけてツイートしていますが、英語の基礎をざっとおさらいしようと思い、以下の2冊を読破する予定です。

 

 

 

きっかけは、上記書籍の著者である大西泰斗先生のNHKラジオの「ラジオ英会話」を聞いたことです。

ボクはそれなりに高校英語で英文法を学んで大学受験英語をクリアしたのですが、それは暗記で強引に頭の中の引き出しに押し込めた生きていない英語で、それが整理されていない感覚があります。

ラジオ英会話で使われているスキットは易しいものですが、そこで扱われている英語表現や単語についての大西先生の説明を聞くと発見がたくさんあるのと、

今までむりやり覚えていた複数の意味を持つ英単語の意味がイメージとしてスッと入ってきてわかりやすいからです。

学習方法として、

例文を音読する、覚えたい文を手帳に書き留める、という使い方をしようと考えています。

「一億人の英文法」はすでに150ページほど読みましたが、英文法を一つずつ確認するリファレンス的な使い方をするよりも、読み物として読むだけで楽しめますので、

英語の基礎を確認したい方にはとてもオススメですよ♪

2. イギリス英語教材の音読と発音練習

今年の1月に購入した、「本場のイギリス英語を聞く(川合亮平 著)」が内容豊かで何度聞いても音読しても楽しめるので、

1ヶ月くらい毎日音読していました。

イギリス英語を習得したいから『本場のイギリス英語を聞く』を中心にイギリス英語だけの英語学習を10日間続けてみた。

 

 

今週から予習として久しぶりに取り出して音読しています。

 

イギリス英語を習得したいので、何回も聞いて真似てみるということを実践していきます。

一通りリスニングと音読を一定回数繰り返したので、ある程度したら別のイギリス英語教材に切り替えて音読中心に学習していく予定です。

また、音読する際にただ真似るだけでなく、イギリス英語発音の理論的な部分を知った上で練習しないとイギリス英語発音には近づけないので、

再び「イギリス英語発音教本(小川直樹 著)」を手にとっておさらいします。

 

 

「イギリス英語発音教本」はイギリス英語発音をゼロから学べる入門書として必携の1冊。

 

また、「ダウントンアビー」や「クラウン」「シャーロック」などのイギリスドラマの視聴を通じて、生のイギリス英語を取り込んでいきたいと思います。

3. 洋書多読

現在、「A Dog for Christmas」と、

「London Treasury」という本を読んでいます。

 

最低でもこの2冊はヴァ夏の間に読了させたいと思っています。

4. 英文記事多読

Twitter上で「英文記事100本チャレンジ」というハッシュタグをつけて、主にWeb上で読んだ記事をカウントしています。

100記事はすでに達成しています。

♯英字記事100本チャレンジを完走したよ!

 

今は200記事を目指していて、7月20日現在、160記事を数えています。

 

主にBBCニュースを中心としたイギリスメディアの記事を読んでいます。

BBC NEWS JAPANを活用して内容を理解しながら効果的な英語学習をしよう!

 

また、定期購読をしている「the japan times alpha」をしっかりと読み込んでいきます。

学習者向けの英字新聞「the japan times ST」が「the japan times alpha」へリニューアル。週刊英字新聞で多読のススメ。

5. 英検1級取得に向けての学習

過去の受験で、大問1の語彙問題がウィークポイントとなっているので、ここを中心に以下の教材で学習していきます。

 

 

 

ヴァ夏の学習計画全体を見渡してもアウトプットがほとんどないので、英検1級のエッセイライティングに力を入れて取り組みます。

ライティングは週1トピックで(最低でも)、休みの日に実施します。

課題と目標を考えることと同じくらい大切なこと。

2018年ヴァーチャル夏休み、KAZUの課題と目標をまとめると、以下になります。

  • 英語基礎の確認(課題図書2冊)
  • イギリス英語教材の音読と発音練習
  • 洋書多読
  • 英文記事多読(英字記事100本チャレンジ200本クリアを目指す)
  • 英検1級取得に向けての学習

全体を通しての目標は、

  • 毎日英語学習をする
  • 音読と多読を中心に
  • イギリス英語に触れると同時にイギリス文化を楽しむ

 

今年は英語学習だけに絞りました。

それでも、「あれもやりたい、これもやりたい」が頭をよぎりました。

大事なのは、それでもまずは計画して実践することだと思います。

そして、もっと大事なのは、

「取り組みを振り返って修正する」

ことです。

計画通りに進まなかった場合は、その原因を考え修正や変更を加えて再スタートすればいいと思います。

新たにやりたいこと、やるべきことが見えてくることがあるかもしれません。

ヴァ夏には他にも仲間がいます。

 

この企画の良いところは、参加しているみなさんのツイート記録を見ると、自然と自分もモチベーションが上がってくるところです。

時間が有限だからこそ、その時間をどう使って何を成し遂げるか。

2018年夏をヴァ夏と共に充実させたいと思います!

保存保存

コメントを残す