湘南0-0FC東京(J1第24節)積極的な戦術変更も一歩届かずスコアレスドロー。

こんにちは、2012年シーズンから湘南ベルマーレを応援しているKAZUです。

スタジアム観戦する予定でしたが、財布等を家に置いてきてしまい、さらには暑さにも負けて室内でDAZN観戦しました。

サンクトガーレンのビールを飲みたかったのに…

ちなみに、サンクトガーレンのビール販売量は過去最高だったそうです!

 

さて、試合は、

今季初の4バックスタートで臨み、GK秋元陽太のスーパーセーブを含めて体を張って守りきり点を許さなかったものの、FC東京も湘南同様に体を張った粘り強い守備で、お互いに得点を奪うことはできずスコアレスドロー。

今まで白黒はっきりしていた両チームの対戦は、初の引き分けとなりました。

 

参考

MATCH DATA : 第24節 vs FC東京湘南ベルマーレ公式サイト

 

今季初の4バックから3バックへの変更から見るチームの成熟度。

スタートは4-1-4-1という布陣でした。

「サカノワ」の記事では、後半開始から3バックへと変更したことについて書かれてあります。

参考

なぜ!?0-0の後半開始から湘南が布陣変更。曺貴裁監督の意図とは?サカノワ

 

では、前半はなぜ4バックだったのかという疑問が浮かび上がります。

それについては、曺監督が以下のようにコメントしています。

システムをどのような形にしても、東京さんはパス3本以内にゴールまで来る、ゆっくり攻めない早い攻めというのが十八番のチーム。そこで我々が同じシステムで臨んだ場合に突かれるポイントは分かっていました。

 

一般に言われる3バックの横のスペースや、カウンターからスペースを使ったFC東京の速い攻撃への対策です。

先制されてしまうと、前回対戦のときのように東京の重心が下がり、完全にフタをされてしまうため、失点しないこと、相手のストロングを消すことを意識した布陣でした。

そして、ハーフタイムで相手が対策を練り直してくるところを、積極的にこちらから布陣変更。

3バックだとDF山根視来やDF坂圭祐の攻撃参加もあり、いつものダイナミズムが垣間見られました。

一昔を考えると、

「前半から出入りが激しい湘南らしいサッカー」

がトレードマークでしたが、

今季は、耐えるところで辛抱強く耐え、相手の出方を見ながらチームが同じ方向を向いて一丸となって戦っています。

対戦相手の様子を伺いながら戦うと、ときには走ることや球際の強さなどを忘れてしまったり、メンタル面で相手に圧倒されてしまうところですが、

今の湘南に過去のそういったバランスの悪さは見受けられません。

そういう意味では、曺監督がよく言う、「フォーメーションは関係ない」というところの指すものが分かるような気がしますね。

あとは決め切ること。

MF松田天馬のシュートシーン、バーを叩いたのが最大の決定機でしたが、しばらくメンバーから名を連ねることがなかった松田天馬がここにきてアクセントとなってます。

次回に期待しましょう!

成長を見せたのではなくてこれが実力の守護神。

GK秋元陽太、大活躍でした!

特にこの試合は至近距離のシュートをことごとくブロック。反応がとても良かったです!

試合後のインタビューでは、FC東京への感謝の気持ちを述べていました。

いつも相手に感謝の気持ちを表現する秋元、とてもカッコイイ!

しかし、そのFC東京でプレイした2016シーズンの1年間というのは秋元にとってとても苦しいシーズンだったはずです。

東京にとっても苦しい2016シーズンで、城福監督の途中解任などありました。

東京のGKといえば、土肥洋一さん(元日本代表)とGK塩田仁史(大宮アルディージャ)、GK権田修一(サガン鳥栖)という、名だたる素晴らしいGKがゴールを守ってました。

東京の要求するGK像というのはとても大きかったはずですし、サポーターもどうしても過去の名GKと比較してしまいます。

ボクは東京の試合を実際に何試合か見ましたが、湘南では見られなかったバタバタしたプレイが多かったです。

 

秋元はこんなプレイヤーじゃない。

 

それが率直な感想でした。

それだけ、2014、2015シーズンに湘南で見せてくれたプレイは素晴らしかったですから。

実際のところはどうだがわかりませんが、東京ディフェンス陣とのコミュニケーションがうまくいってなかったというところもあるとどこかで聞きました。

そして、1年間在籍した古巣との対戦となったこの試合、数々の素晴らしいプレイを披露してくれました。

ボクは、秋元が成長したところを東京に見せた!

というより、

 

元々、素晴らしいGKなんだよ!

 

と言いたいです。

GKは30歳を過ぎてからも経験を増すことによってプレイの幅が広がり円熟味を増すと言われます。

まだまだ成長して、来季の対戦ではGK秋元の活躍により勝ち点3ゲットといきたいですね。

Next Match : vs V.ファーレン長崎(Away)

金曜日開催の試合です。

お互いに最近は少し勝ち星から遠ざかっていて、喉から手が出るほど欲しい勝ち点3を目指しての戦い。

湘南は勝ち点26の14位(1試合未消化)、長崎は勝ち点21の18位。

前回対戦は今季開幕戦となった試合、新戦力のMF松田天馬のパスからFWイ ジョンヒョプが左足で鮮やかに決め、決勝点はセットプレイからのこぼれ球をMF石川俊輝が押し込んだ記憶に残る試合でした。

湘南2-1長崎(J1第1節)新戦力が躍動し20年ぶりのJ1開幕戦勝利!

 

長崎は新戦力を加え、FW鈴木武蔵がコンスタントに活躍し、相変わらず厳しい相手です。

DAZN観戦でも、ライブ視聴できなくても、

心は一つ、

GET3目指して、

みんなでALIVEしようぜ!!

コメントを残す