12.9インチiPad Pro用のSmart Keyboard Folioをゲット!その使用感と気になるたった一つのこと。

こんにちは、2018年に発売されたiPad Pro 12.9インチを購入したKAZUです。

iPad Pro(第3世代)12.9インチとApple Pencil(第2世代)購入!ファーストインプレッション。

iPad Pro 10.5インチを使用していたときにSmart Keyboardを同時購入し、外に持ち運んだときにブログを書いたり簡単なメモを取ったりして愛用していました。

今回のiPad Proの買い替えでもやはり必要と感じ、Smart Keyboard Folioを注文したのですが、iPad ProとApple Pencil到着よりも10日ほど遅れてようやく手にすることができました!

source:Apple公式サイト

今回は、Smart Keyboard Folioを購入しようと思った理由、開封してからの使用感、そしてメリットとデメリットをお伝えします。

Smart Keyboard Folioを購入しようと思った理由。

Apple純正のSmart Keyboard Folioは、

iPad Pro(第3世代)のキーボードとカバー、スタンドになる商品です。

参考 Smart Keyboard Folio フルサイズキーボードが表も裏も守ります。Apple公式サイト

AppleストアやApple商品がディスプレイされている家電量販店等のAppleショップでは、iPad ProにこのSmart Keyboard Folioが接続されたモックが展示されています。

ボクが購入したいと思った主な理由は、

  • iPad Pro使用時にキーボードによる文字入力が多いから
  • 10.5インチのiPad Pro使用時に使っていたものが使いやすかったから

です。

まず購入の際に考えるべきことは、

キーボードを使用するか?

という点です。

キーボードを使用しないのであれば全くもっておススメしません。

価格が高い上に、カバーにキーボードがプラスされている分、装着時に重くなってしまいます。

ボクの場合は、これまで使っていたiPad Proでキーボードはなくてはならないものになっていたので、この点に関していえば購入に迷いはありませんでした。

また、独特なキーボードの打鍵感にも満足していてとても打ちやすいと感じていたのも購入に至った大きな理由です。

12.9インチiPad Pro専用のSmart Keyboard Folioを開封。

iPad Proのカバーにもなる商品なので、薄く平べったい箱に入っています↓

iPad Proとの接続方式が変わっているので、今までのiPad Pro12.9インチとの互換性がありません。現時点では第3世代のiPad Pro12.9インチ専用です↓

iPad Pro(第3世代)とApple Pencil(第2世代)のときは開封しやすくするための引っ張るところがあったのですが、Smart Keyboard Folioにはありませんでしたので開封にカッターが必要でした…

あれ、Appleさん…

開封してみました↓

開くとこんな感じ↓

iPad Proと接続するSmart Connector↓

ここ数年、Macを含めてJISではなくUSのキー配置のものを使っています↓

iPad Proを装着し、立ててみるとこんな感じ↓

今回は2段階に角度が調整できる溝があります↓

閉じたところ。側面と上下面は保護できません↓

カメラ部分をしっかりと保護↓

ヒンジの部分にもカバーしていない部分があります↓

12.9インチiPad Pro用のSmart Keyboard Folioの重さは、402gあります。

12.9インチiPad ProはWi-Fiモデルが631gでWi-Fi Cellularモデルが633gですから合わせると、1050gを超えます。

MacBook Proや最新のMacBook Airよりは軽いけど、1kgを切る12インチのMacBookよりは重いですね。

装着したiPad Proを持ってみるとズッシリと重みを感じます。

ちなみに11インチiPad Pro用のSmart Key board Folioの重さは296gで、11インチiPad Proの重さと合わせると、764g程度だそうです。

Smart Keyboard Folioの使用感。

2017年6月に購入したiPad Pro 10.5インチ用のSmart Keyboardと比較してみると、

打鍵感はほとんど変わらない

打鍵をするとペコペコするところと浅いタッチが好みの分かれるところだと思います。

この点は展示されているショップで確かめてみると良いと思います。

第2世代のiPad Pro使用時に使っていたSmart Keyboardを使っている方は、全く同じ感覚と考えて良いと思います。

個人的には、前回は10.5インチだったのが12.9インチになったことでキーボードも大きくなり打ちやすさが増しています。

キーボード独特のカチカチ音ではなくペコペコ音のため、静音性があります。

Smart Keyboard Folioのメリットとデメリット。

個人的に感じた上記のメリットとは別にメリットを挙げてみると、

メリット
1. ワイヤレス
2. Smart Connectorのおかげで充電とペアリングをする必要がない
3. カバーと兼ねているので1つで2役
4.iPad Pro独自のショートカットキーが使用可能

Appleから発売されているキーボードなしのSmart Folioと持ち運び用のキーボードとの組みわせという選択肢がありますが、このSmart Keyboard Folioを常に装着しカバンに放り込めばキーボードがいつでも使えるので余計なことを考える手間がなくなります。

別にキーボードを持つとSmart Keyboard Folioよりも全体的に重くなりますし、充電も心配しなくてはなりません。

それに対して、Smart Keyboard Folioのデメリットは、

デメリット
1. 値段が高い
2. カラーバリエーションがない
3. 重量感がある(12.9インチは合わせて1kgを超える)
4. 装着したまま2つ折にして使うと背面にキーボードがむき出しになる

11インチ専用のもので、19,800円(税別)、

12インチ専用のもので22,800円(税別)ですからとても高価です。

サードパーティー製のiPad Proカバーとキーボードなら5,000円くらいから揃えられることを考えると、価格で購入に躊躇してしまいますよね。

カバーも兼ねていますが、カラーはブラックのみです。

今回のSmart Keyboard Folioで個人的に一番の大きな問題だと感じたのは、

手持ちや机など直置きで2つ折にしたときに背面にキーボードがむき出しになることです。

手持ちでタッチ動作主体でブラウジングなどしたいときに2つ折にすると、iPad Proの背面にキーボードがきてしまいます。

この場合、キー操作は無効なので誤動作等はないのですが、手触りとしてとても気になってしまいます。

また、机などにおいて使う場合、今度はそのむき出しになったキーボードが机にくっついてしまうので、キズや汚れなどがつく心配がでてきます。

第2世代iPad Proまでは、背面を覆うことはできなかったけど2つ折にしてもキーボードはしっかり格納されるため、この心配はありませんでした。

幸い、Smart Keyboard Folioがマグネットでくっつくタイプのため取り外しが比較的しやすいので、手に持ったり机等に置いて使う場合にはSmart Keyboard Folioを外すのが良いと思います。

Smart Keyboard Folioのまとめ。

使ってみると、

値段が高いけど、打鍵感と質感は好きなので買ってよかったと思っています。

Smart Keyboard Folioは、

  • キーボードで文字入力をしたい人
  • カバーとの一体型で使いたい人

にオススメです。

キーボードによる文字入力をiPad Proに求めていない人には必要がないどころか邪魔になってしまうでしょう。

カバーとして使うにしても重いですしキーボードの分だけ無駄にかさばってしまいます。

キーボードの使用を想定していてもiPad Proをメモやお絵描きなどいろいろな用途で使う場合にはただ1点気になる点があります。

それは、キーボードを使用せず2つ折にして使うときにキーボードが背面にむき出しになってしまうことです。

その場合はSmart Keyboard Folioを外して使えばいいのですが、

これなら、

カバーとキーボードを別々に購入して使った方が使い勝手が良いのではないだろうか?

という考えが浮かんでいます。

製品そのものには満足していても、用途として煩雑になっていないだろうか?

この点は考えたいところなので、試しにサードパーティー製のSmart Folio風カバーをAmazonにてポチってみました。

しばらく検討し使い方を考えてからどのように新しいiPad Proを運用していくか決めたいと思います。

コメントを残す