Apple純正のようなiPad Pro(2018)用のZtotopのケースはコスパ抜群の優良アイテム!

こんにちは、2018年発売の12.9インチiPad Proをさっそく持ち歩いて使っているKAZUです。

iPad Proを注文したときに、そのカバー(ケース)とキーボードの性能を兼ねたApple純正のSmart Keyboard Folioを購入し使っています。

しかし今回は思うところもあり、上記商品のキーボード部分を取り除いたSmart Folioに似ている以下の商品を注文しました。

さっそく使用してみたので使用感を簡単にまとめます。

Ztotopのフォリオ風ケースを開封。

箱には、5種類のカラーバリエーションの商品が載っています↓

Apple純正のSmart Keyboard Folioはブラックなので違う色をと思い、ネイビーを選びました。

AmazonのWebページだと結構明るい色に見えましたが、実物はそれより少し落ちつたブルー系という印象です。

このZtotopのケースを手にしている方もすでに多いようで、社名ロゴが折りたためる部分の端に入っているとのことでしたが、

jボクが購入したものには社名ロゴは開いたところの中にありました

ユーザーの要望から、新しい生産ロットから改良したのでしょうか?

しかもiPad Proの背面と背中合わせになる部分ですので、外さない限り目にすることはありません。

開いた両側はマイクロファイバー素材の起毛になっています↓

iPad Proを装着してみたところ↓

AppleのSmart Folioと比べて全く遜色のない出来です。

閉じた状態でもしっかりとApple Pencilがくっつきます↓

カメラ部分もしっかりと保護↓

カバー部分を3つ折りにするとスタンドになります↓

Ztotopのケースの使用感。

全体的な商品の作りとしては極めてAppleのSmart Folioに近いと言えます。

細かい違いとしては、商品全体の手触りが若干違うところです。

ポリウレタン部分の折りたたむことができるカバーとその背面に関してはSmart Folioよりもわずかながらサラサラしている感じがしました。

中を開けたところのマイクロファイバー素材の起毛は少し浅めです。AppleのSmart Folioの起毛の方が深く、絨毯をなぞるときにできるような線が、こちらのZtotopのケースだとできません。

また、マグネットでしっかりとくっつきますが、3つ折りとなるカバーの部分は若干弱い気がします。

重さは、AppleのSmart Folioと比べると約100gほど重いそうです。

しかし、いずれの点も使用する上で大きな問題になることはないと感じます。

AppleのSmart Folioが11インチ用で9,800円(税別)、12.9インチ用で11,800円(税別)ですから、3,000円前後で購入できるZtotopのこちらのケースはたいへんお買得です。

11インチiPad Pro(2018)用Ztotopケース↓

12.9インチiPad Pro(2018)用Ztotopケース↓

Ztotopのケースを購入した理由とその用途について。

すでにSmart Keyboard FolioをいPad Pro購入と同時に注文し、使用しているのですが、ではなぜ今回この商品を購入したか?

その理由は、

  1. Smart Keyboard Folioを使い続けるのか、Ztotopのケース&Bluetoothキーボードの組み合わせで運用するかを見極めたい
  2. 仕事用として使いたい

の2点です。

Smart Keyboard Folioのレビュー記事で書きましたが、Smart Keyboard Folioだとキーボードが背面に来ることで違和感を覚え、これならケースとキーボードを別にして運用した方がいいのでは、と感じたことが大きいです。

12.9インチiPad Pro用のSmart Keyboard Folioをゲット!その使用感と気になるたった一つのこと。

また、Smart Keyboard Folioを使っていくにしても、仕事で現場にいるときにキーボードがなく軽いZtotopのケースの方が画面を見せるときに使いやすいですし、

仕事のデスクワーク以外で使うときは汚れることが想定されるので、この値段なら仕事用として持っておいていいと思ったからです。

ですので、これからも使いながらどちらをメインに使うか考えていきたいと思います。

まとめ。

Ztotopのケースの良いところ

1. AppleのSmart Folioとほぼ似たような作り
2. AppleのSmart Folioより安い(3,000円前後)
3. カラーバリエーションは5,6色

Ztotopケースで気になるところ

1. AppleのSmart Folioより100gほど重い
2. エンボス加工されたロゴが印字されている
3. Smart Folio同様に保護しきれない部分がある

全面フルカバーとなるケースをお探しの方にはオススメできませんが、Apple純正のSmart Folioのようなもので良ければこちらの商品は純正品と比べて3分の1程度の価格ですのでオススメです。

とりあえずの最初のケースとしてもとても良いと思います。

ボクはこれから、メインで使うか、それとも仕事用として使うか使いながら考えていきます。

11インチiPad Pro(2018)用Ztotopケース↓

12.9インチiPad Pro(2018)用Ztotopケース↓

コメントを残す