【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード2に出てくる英語表現を紹介。“Blimey”や”fancy”、”quid”などのイギリス英語の意味は?

こんにちは、イギリスが大好きなKAZUです。

Netflixオリジナルドラマの「After Life」にハマっています。

【イギリスドラマ】『The Office』のリッキー・ジャベイスが製作・主演するNetflixオリジナルドラマ『After Life』が面白い!

シーズン1エピソード1の記事をまだお読みになっていない方はこちらからどうぞ↓

【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード1に出てくる英語表現を紹介。”The sky’s the limit.”とは?

今回は、2019年3月8日から配信の「After Life(Season 1)」のエピソード2に出てくる英語表現を、ボクにとって役に立つ表現・覚えたい表現という観点からいくつかご紹介します。

注意
ネタバレを含みます。
英語はイギリス英語表記のものがあります。

『After Life』シーズン1エピソード2の英語表現。

エピソード1と同じく冒頭は亡くなった妻のリサが残してくれたビデオガイドをトニーが視聴するところから始まります。

言われた通り、ベッドから出てカーテンを開けるんですが、次のシーンではバスタブで剃刀を持って左手首に…そこに飼い犬が現れ、大惨事を阻止。

そして台所に戻り、お腹を空かせた犬にドッグフードをあげるシーンです。

If you could open a tin, I’d be dead now.

お前が缶を開けられるなら、俺は今頃死んでる(トニー)

現在の事実と反することを述べる際に使う仮定法過去の表現です。学校で習うときは、「if + S + Vの過去形〜, S + would(could) + V 〜」と公式のように習うわけですが、このように日常の何気ないところで使用される頻度の高い文法なのでさらっと使えるように練習したいですね。

続いて、トニーがで亡き妻リサの墓前に向かうシーンです。ここで、これからドラマの重要人物となるアンと出会います。アンが亡き夫の墓前で話しかけているのをトニーに見られたことを察知して、

I’m getting mad.

狂ってるわね(アン)

と言います。

この”get”は状態の変化を表す「〜になる」という意味です。進行形で使われていますから、「だんだんおかしくなってきている」というニュアンスが読み取れます。

なお、この後のトニーの鋭い返しがあり、トニーとアンは最初からすっかりと打ち解けて心を開いて話す相手となります。

アン役のペネロペ・ウィルトンはイギリスドラマ「ダウントン・アビー」と、映画「ガーンジー島の読書会の秘密」にも出演されています。

次は、トニーが父のいる介護施設に訪問し、父と話すシーンです。

父に、「墓地で優しい女性にあった」と報告しすると父は「リサには言うなよ」と言うので、トニーが「年配の人だ」と言いさらに続けて、

A bit of Viagra… Bob’s your uncle.

バイアグラ少々でいけるぞ(トニー)

バイアグラのことは置いておいて、この、

Bob’s your uncle.

というイギリス英語独特の表現、どんな意味なのかとても気になりますよね。

直訳は「ボブはおまえのおじさんだ」ということですが、調べてみると、

「大丈夫」「万事OKだ」という意味だそうです。ウィキペディア(英語)にはどうしてこのような意味になったのか由来は不確かと前置きした上で、諸説あるということが書かれています。

気になる方は読んでみてください。

参考 Bob’s your uncleWikipedia Official Web Site

いろいろ立ち寄ったところでようやく仕事場へ、そこで新聞配達員のジュリアンと会います。

20 quid’s worth.

20ポンド分くれ(トニー)

薬物依存のジュリアンにヘロインを買ってきてくれと頼んでいます。この”quid”がイギリス通貨の単位である「ポンド」のカジュアルな表現になります。イギリス英語独特の表現です。

なお、「ポンド」は”pound”で、発音は”paʊnd”「パウンド」です。複数から”pounds”「パウンズ」となりますので注意してくださいね。

そのジュリアンがヘロインを購入してトニーの家に19時に訪問することになったのですが、会社で上司のマットに頼まれごとをします。

If you’re not killing yourself tonight, still okay to look after George?

今日ジョージを預けていい?(マット)

日本語字幕では”If”から始まるところが訳出されていないのですが(訳すと不自然だから)、訳してみると、「今夜もし自殺しないんだったら、」です。

マットはトニーが自殺をしないか心配であれこれ手を尽くしているのですが、マットのこの発言の前にトニーが本気なのか冗談なのかわからない応答をしたので、イギリスユーモアらしく、シニカルな出だしでお願いをしたという感じでしょうか。

次のシーンは、トニーとレニーが取材にある女性とその息子のところへ行ったところの女性の発言です。

Yeah. Blimey. Did me head in.

そうね、参ったわよ(取材を受ける女性)

”Blimey”はイギリス英語独特の表現で、「驚いた」「わあ」「しまった」など驚きを表す感嘆詞です。イギリス英語ではよく聞きます。

その後ろにある”do someone’s head in”は、「〜が迷惑だ」「厄介だ」という意味になります。

女性は”me”と言っていますが、そこは所有格が入るのが正しいようです。

この女性が参ったということになった内容と、トニーとレニーの対照的な表情、とても面白いシーンですのでチェックしてみてくださいね。

そして、取材が終わって帰る道すがら、トニーがレニーにいろいろと話します。

Why would people rather be famous for being shit than not famous at all?

なぜみんな有名になりたがる?(トニー)

“would rather A than B”で「BするよりむしろAしたい」という大学受験で習うやつです。こういう表現を言えるようにするためには、自分がしっくりとくる表現をそのまま口ずさんで覚えるのが一番だと思います。

「人は全くの無名でいるよりどうしてくだらないことで有名になろうとするのか?」というのが直訳ですが、

このまま覚えるのであれば”shit”のところを”stupid”などに変えるといいと思います。

オフィスに戻り、コンピューターに向かっているトニーとサンディのところへキャスが向かい、「夢って見る?」という質問をします。それに対してトニーは、「眠らないから見ない」「見ても誰にも言わない」と素っ気なく答えてさらに、

There is nothing more boring than someone telling you a dream they had.

人の夢ほど退屈な話はない(トニー)

“There is nothing”で「〜なものは何もない」で、後に比較級の表現が続いているので、「〜ほど◯◯なものはない」という表現です。

“There is nothing more boring”で「退屈なものはない」、”than someone telling you a dream they had”で「見た夢を語る人ほど」です。

“There is nothing more 形容詞 than〜”という表現以外にも現在分詞と関係代名詞の省略により文章が右に展開していくこの感じを抑えたいですね。

いよいよ、今回最後の引用となります。

家に帰ったトニーのもとに、預かることになったマットの息子、ジョージがやってきます。

お腹を空かせているジョージをレストランに連れ出し、何を食べたいかトニーがジョージに尋ねます。

What do you fancy?

何がいい?(トニー)

“fancy”はイギリス英語独特の表現の中でも頻出の表現です。この場合は動詞で、”want”のような意味で、「〜が欲しい」という意味があるので、「何が欲しい?」という意味になります。

他に例を挙げると、

Fancy a drink? 「一杯どう?」
Do you fancy going out this evening? 「今晩出掛けない?」

というように使います。

ちなみに、息子のジョージがとても可愛く、トニーとジョージの会話のやりとりはとてもほっこりする上に、ジョージの質問に対するトニーの返しが面白いので好きです。また、レストランでの店員とのひねくれた会話のやりとりにも注目のシーンです。

このあとマットがジョージを迎えに来て、袋を抱えてトニーの家に訪れたジュリアンと鉢合わせになり笑えるやりとりがあって、とうとうトニーはドラッグに手を染めて、エルトン・ジョンの名曲「ロケットマン」でエピソード2が締めくくられます。

Rocket Man / Elton John

エピソード2はおもしろシーンがセリフや表情などに随所に詰め込まれていて、見どころがたくさんあり、6エピソード中最も笑えるエピソードだと思います。

シーズン2は2020年4月24日配信開始!

エピソード6でハッピーエンドで終わる「After Life」の続編となるシーズン2が4月24日にNetflix独占配信となります。


お読みいただきありがとうございます!

Thank you for your smile 😀


引用元:Netflix公式サイト

https://www.netflix.com/jp/

【イギリスドラマ】『The Office』のリッキー・ジャベイスが製作・主演するNetflixオリジナルドラマ『After Life』が面白い!【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード1に出てくる英語表現を紹介。”The sky’s the limit.”とは?

コメントを残す