【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード4に出てくる英語表現を紹介。心に響く”Life’s worth living.”

こんにちは、イギリスが大好きなKAZUです。

Netflixオリジナルドラマの「After Life」にハマっています。

これまで、シーズン1のエピソード1,2,3に出てくる役に立つ英語表現・覚えたい表現を厳選したものをブログ記事に書きました↓

【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード1に出てくる英語表現を紹介。”The sky’s the limit.”とは?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード2に出てくる英語表現を紹介。“Blimey”や”fancy”、”quid”などのイギリス英語の意味は?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード3に出てくる英語表現を紹介。”ivory tower”って何だろう?

「After Life」の全体の見どころなどはこちらの記事をどうぞ↓

【イギリスドラマ】『The Office』のリッキー・ジャベイスが製作・主演するNetflixオリジナルドラマ『After Life』が面白い!

今回は、2019年3月8日から配信の「After Life(Season 1)」のエピソード4に出てくる英語表現を、ボクにとって役に立つ表現・覚えたい表現という観点からいくつかご紹介します。

注意
ネタバレを含みます。
英語はイギリス英語表記のものがあります。

『After Life』シーズン1エピソード4の英語表現。

玄関の扉の上に水の入ったバケツが置いてあり、リサが仕事から帰ってきて扉を開けた瞬間ずぶ濡れになるシーン。

No. Tough time the second I get into my own house.

いいえ、でも家についた瞬間どっと疲れる(リサ)

ずぶ濡れになって少し言葉を交わした後、「仕事、大変?」とトニーに聞かれてリサが答えたセリフです。

文中の”the second (that)”は”as soon as”と同じで「〜するとすぐ、〜する瞬間」という意味があります。

続いて、オフィスでのシーン。

トニーがサンディに対して「なぜここに就職したのか」「ここじゃ無理だ、こいつ(レニー)みたいになるぞ」と言ったことを聞きつけてマットが駆け寄り、

No, this is a great stepping stone, this place.

そうでもない、出世する人もいる(マット)

“stepping stone”は「(昇進などの)手段、方法」という意味があります。単語からイメージできる語句ですが、使えるようにしておきたいですね。

なお、英語のことわざで、

Failure is the stepping stone to success.
(失敗は成功への足がかり/成功のもと)

というのがあります。

トニーとマットのやりとりが続き、マットが話題を変えてトニーに女性を紹介しデートを勧めますが、これをトニーが全力で拒否。

I’d rather be nowhere with her than somewhere without her, all right?

彼女に会えないなら俺も存在していたくない(トニー)

エピソード2について書いた記事で”would rather A than B”について説明しましたが、ここは”nowhere”と”somewhere”、”with her”と”without her”の対比が美しく、つい声に出してトニーのようにしゃべりたくなります。

トニーは怒って出て行ってしまいました。

Why can’t you just leave me alone?

頼むから放っといてくれ(トニー)

“leave me alone”は「独りにしてくれ」という定型表現ですね。注目したいのが、”leave me alone.”ではなくて、出だしで”why can’t you just 〜”で始まっているところです。「なんでできないんだよ、いつもこうなんだよ、何回言えばわかるんだよ」というニュアンスがトニーの言い方も含めて伝わってくる表現ですね。

マットはデートの話題を持ち出したことに反省していて、のちに謝罪をすることになります。

カウンセリングへ行き、次に介護施設を訪れ、父の面倒をみているエマを呼び出します。

I’m apologising for being an arsehole in general.

いつも態度が悪くてごめん(トニー)

“arsehole”はスラングで”arse”はイギリス英語で「お尻」という意味ですから単語としては「お尻の穴」を意味します。人に対して使うと「嫌な奴」という意味になります。

エピソード3でエマの前で悪態をついたことについてトニーがついに謝罪をします。個人的にはエマの返しがとても面白いです↓

Are you apologising for being an arsehole so far, or are you apologising in advance?

それはこれまでの態度について?それともこれからの態度?

トニーのユーモラスな部分とぴったり合う応答で、ここからトニーとエマの関係性が変化していきます。

二人の会話はこの日のトニーの父レイの言動について。ここでお互い大爆笑しついに、

That’s cheered me up.

元気がでた(トニー)

と初めてトニーがポジティヴなことを言います。”that”はエマから聞いたレイのエピソード全体を指しています。このような無生物主語を使いこなしてさらっと言ってみたいですね。

そして、トニーはアンがいつもいる墓地へ訪れます。トニーはマットがデートを勧めてきたことについて話します。ここでアンの力強い言葉がたくさん聞かれるので、印象に残ったものを載せます。

We’re not just here for us, we’re here for others.

人のためにできることもある(アン)

We’ve got to help each other struggle through till we die, and then we’re done.

生きてる間は助け合わなきゃ(アン)

No point in feeling sorry for ourselves and making everyone else unhappy, too.

人に不幸を振りまいても意味がない(アン)

All I’m saying is that… I think that deep down, that you still think life’s worth living.

あなたも本当は思ってる、人生は生きるに値すると(アン)

最後は涙ぐむトニー。

そして、デートをすることに決め、イタリアンレストランで食事をします。

because I’m still attached to my wife, and… I’m just being honest.

まだ妻を想ってると正直に言っておく(トニー)

デートの最初に女性に告げた言葉です。”be attached to someone”で「〜に愛着がある、未練がある」という意味です。

この女性とは全く話が噛み合わないどころか、sarcastic選手権とでも言うべきか皮肉の応酬になっていて、イギリス人が皮肉を言うときの典型が見られる感じがして、別の意味での見所とも言えるかもしれません。

トニーにとって痛いところも突かれていて、タジタジです。

エピソード3からエピソード4でトニーの心境に変化が見られ、「元気がでた」と言ってみたり、涙ぐんだりするシーンがあるのですが、相変わらず嫌味のトニー節が炸裂しているところもあり、ストーリーがどう展開していくのか先が見えない様相ですね。

最後にジュリアンにお金を渡し、ジュリアンが大量に危険なドラッグを購入して注射して眠るという不穏な終わり方、流れる曲からの歌詞は、

And you caused it.

あなたが引き起こしたの

このメッセージとこのシーンを重ね合わせたのでしょうか。重く響く歌詞です。ことの顛末はエピソード5で判明します。

ちなみに楽曲は、ロンドン出身の「daughter」というグループの「Youth」という曲です。エピソード冒頭でも同じ曲が使われてます。

シーズン2は2020年4月24日配信開始!

エピソード6でハッピーエンドで終わる「After Life」の続編となるシーズン2が4月24日にNetflix独占配信となります。


お読みいただきありがとうございます!

Thank you for your smile 😀


引用元:Netflix公式サイト

https://www.netflix.com/jp/

【イギリスドラマ】『The Office』のリッキー・ジャベイスが製作・主演するNetflixオリジナルドラマ『After Life』が面白い!【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード1に出てくる英語表現を紹介。”The sky’s the limit.”とは?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード2に出てくる英語表現を紹介。“Blimey”や”fancy”、”quid”などのイギリス英語の意味は?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード3に出てくる英語表現を紹介。”ivory tower”って何だろう?

コメントを残す