【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード6に出てくる英語表現を紹介。心に刺さる名言の数々と感動のフィナーレ!

こんにちは、イギリスが大好きなKAZUです。

Netflixオリジナルドラマの「After Life」にハマっています。

これまで、シーズン1のエピソード1〜5に出てくる役に立つ英語表現・覚えたい表現を厳選したものをブログ記事に書きました↓

【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード1に出てくる英語表現を紹介。”The sky’s the limit.”とは?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード2に出てくる英語表現を紹介。“Blimey”や”fancy”、”quid”などのイギリス英語の意味は?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード3に出てくる英語表現を紹介。”ivory tower”って何だろう?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード4に出てくる英語表現を紹介。心に響く”Life’s worth living.”【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード5に出てくる英語表現を紹介。”drink like a fish”って?

「After Life」の全体の見どころなどはこちらの記事をどうぞ↓

【イギリスドラマ】『The Office』のリッキー・ジャベイスが製作・主演するNetflixオリジナルドラマ『After Life』が面白い!

今回は、2019年3月8日から配信の「After Life(Season 1)」のエピソード6に出てくる英語表現を、ボクにとって役に立つ表現・覚えたい表現という観点からいくつかご紹介します。

注意
ネタバレを含みます。
英語はイギリス英語表記のものがあります。

『After Life』シーズン1エピソード6の英語表現。

エピソード6はトニーがベッドで横になったままリサが残した映像を見ているところから始まります。

「最高の人生だった」に続いて、

And I couldn’t have wished for a better broke.

あなたは最高の伴侶(リサ)

“couldn’t have + 過去分詞”で「〜したはずがない」という過去の可能性を否定する表現です。比較の”better”があるので、「あなたよりも最高な人は望めなかっただろう」、つまり「あなたは最高の伴侶」という意味になります。

「ロングマン現代英英辞典」で”I couldn’t wish for a nicer/better etc …”を検索したらわかりやすい定義が載っていたので引用します↓

used to emphasise that you are very happy with what you have and cannot imagine anyone or anything better
source: https://www.ldoceonline.com/jp/dictionary/i-couldn-t-wish-for-a-nicer-better-etc

続いて、赤ちゃんがアドルフ・ヒットラー似だという夫婦のもとへ、トニーとレニーが取材に行き、取材を終えた後の帰り道での会話です。

So… will people do literally anything to get in the local paper, then?

新聞に載るためなら何でもありかよ(トニー)

新聞に載るの「載る」を英語でなんて言うんだろうと考えると難しくなりますが、”get in”で「〜の中に入る」という意味で、「新聞の中に入る」ですからすなわち「載る」を表すことができます。”get”のニュアンスを抑えると英語を表現する幅が広がりますね。

ストーリー上で今までと違うのは、レニーが「でも笑える」と言った後にトニーが「まあね」と笑顔で肯定的に捉えているところです。

オフィスに戻り、恒例(?!)となっているキャスとのやりとりです。キャスが、「死んで終わりなら生きる意味ある?」との問いに、

So if you’re watching a movie, an you’re really enjoying it, something with Kevin Hart in…

ケヴィン・ハートの映画を楽しく見てるとしよう(トニー)

And someone points out that this’ll end eventually, do you just go, “Oh, forget it then. What’s the point?” and just turn it off?

映画に終わりがあるからって無意味だってみるのをやめるか?(トニー)

と秀逸な例えで返します。キャスは素直に「映画は何回も見るわ」と答えて、ここからトニーの心打たれる人生論が始まります。トニーの言葉を続けて引用します。

Well, I think life is precious ‘cause you can’t watch it again.

人生は1回きりだから貴重(トニー)

I mean, you can believe in an afterlife if that makes you feel better. Doesn’t mean it’s true.

死後の世界を信じるのは自由だ(トニー)

But once you realise you’re not gonna be around forever, I think that’s what makes life so magical.

でも、これもいつか終わると気づくと人生は魔法みたいになる(トニー)

One day, you’ll… eat your last meal, smell your last flower, hug your friend for the very last time.

いつか最後の食事をして、最後の花の香りを嗅ぎ、最後のハグをする(トニー)

You might not know it’s the last time, so that’s why you should do everything you love with passion, you know?

いつかわからない、だから心を込めて愛する(トニー)

トニーの言葉、とても感動的で何度も音読したくなりますね。いつもはキャスと意地悪でチグハグなやりとりになっていましたが、今回は初めてキャスに対して「話せてよかった」とトニーが発言します。

職場を出て亡くなったジュリアンの斎場へ。ダフネと会い、その後、父レイがいる介護施設へ。ここでも初めてレイの話に合わせ、レイが目の前にいる男(トニー)は息子だと認知します。

介護施設を出て、今度はカウンセラーのところへ。カウンセラーと縁を切るための訪問です。確かにカウンセラーらしくない話もたくさんありましたが、彼の話が的を得ていたこともありました。ここで、思いがけないマットに関する情報を聞くことになります。

それを聞いてオフィスにいるマットのもとへ。マットに今までのことを謝罪します。そしてトニーの前向きな言葉がここでも聞かれます。

You can’t change the world, but you can change yourself.

世界は変えられない、でも自分は変えれられる(トニー)

マットと一通り話を終えて、「他に用がなければ仕事に戻って」と言われて「用はある」とトニーは言ってオフィスを出て行きます。

まずは介護施設に戻りなんとなんとトニーがエマにこんなことを申し出ます。

I was wondering if you wanted to go out…

一緒に出かけないか(トニー)

デートの誘いですね!

“I was wondering if you + 過去形”で、「〜していただけませんか」と丁寧に依頼・お願いをする表現です。過去形のところは”could”を使うことが多いです。

過去形を使っているのは、日本語の尊敬語のように相手の立ち位置を上に上げたり、謙譲語のように自分のたち位置を下に下げることによって相手との距離感を出すのと似ていて、英語の場合は時制を過去にすることによって時間的な距離感を出すことでへりくだった丁寧さを生み出すからです。

エマは「考えてみるわ」ということで一旦保留。トニーは墓地にいるアンに会いに行きます。

いつもアンに相談に乗ってもらってばかりだったのですが、他人を気にするようになったトニーが今度はアンのことについて聞きます。

アンはスタンを亡くしてしまったけど、人生に満足していると言い、さらに、

If I went back and changed one thing I didn’t like, I might lose something that that and thing eventually took me to.

過去に戻って何かを変えたら他の何かを失う、全て繋がってるから(アン)

You shouldn’t regret anything, or think, “Well, if I went back, I might do this or I might do that.”

後悔は必要ない、“時間を戻せたら”なんて考える必要もない(アン)

本当にいい言葉ですよね。人生「たられば」を言いたくなることは誰にでもあると思いますが、何もかもが繋がって今があるのです。過去の否定はそこから今に至る自分の否定になってしまいます。

ここで間髪を入れずにトニーが「1998年に戻りたい」と言うのですが相変わらずトニーのユーモアが炸裂。そしてオフィスで人生の価値について話たということを報告。アンに影響を受けたことを伝えます。

アンとの話を終えると、トニーが周りの人々へ(郵便配達員のパットやジョージをいじめていたことを知りハンマーで脅した男の子にまで)感謝の気持ちで相手を喜ばせることをします。最後にエマのところにデートの誘いの答えを聞きに行き、物語はフィナーレへ。

編集後記。シーズン2へ。

「After Life」シーズン1の全6エピソードの英語表現について、ストーリーを追いながらそれぞれブログ記事にしていきました。

最初は、英語表現を取り上げるつもりだったのですが、見どころが多く何度も繰り返し見ているので、英語表現の紹介にとどまらず、見どころやその前後のストーリー、ボク自身が感じたことも書きました。

改めて記事にしてみると、記事にするために、読んでくださってくれる方に向けて説明するために表現を調べることによって新しい発見があり、記憶に定着し、自分自身の英語力向上に繋がっていくことを実感しました。

セリフを真似して言ってみる、さらにその表現を文法的な意味合いや単語のイメージなどをしっかりと捉え、物語の前後関係や登場人物の感情を探ってどのようなニュアンスなどを掴もうとするこの作業は時間はかかりますが、とても面白いですし、英語力アップに貢献すると確信を持つことができました。

「After Life」の続編となるシーズン2が4月24日にNetflix独占配信となります。

シーズン2を吟味しながら、またブログ記事を書きたいと思います。

説明や表現が足りないところもあるとは思いますが、読者の皆様のお役に立てれば幸いです。


お読みいただきありがとうございます!

Thank you for your smile 😀


引用元:Netflix公式サイト

https://www.netflix.com/jp/

過去記事はこちら↓

【イギリスドラマ】『The Office』のリッキー・ジャベイスが製作・主演するNetflixオリジナルドラマ『After Life』が面白い!【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード1に出てくる英語表現を紹介。”The sky’s the limit.”とは?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード2に出てくる英語表現を紹介。“Blimey”や”fancy”、”quid”などのイギリス英語の意味は?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード3に出てくる英語表現を紹介。”ivory tower”って何だろう?【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード4に出てくる英語表現を紹介。心に響く”Life’s worth living.”【イギリスドラマ】『After Life』シーズン1エピソード5に出てくる英語表現を紹介。”drink like a fish”って?

コメントを残す