「英語 最後の学習法」は英語学習法に悩む全ての人が読むべき超オススメ本。

こんにちは、毎日英語を学習しているKAZUです。

タイトルそのままに、英語学習をしようと思っている方、英語学習で悩んでいる方、今の英語学習方法に自信が持てなくなってしまった全ての人に超絶オススメしたい本がこちらです↓

英語学習関係の書籍が書店のコーナーの一角を占めるくらい、世の中の英語に対する注目は今もなお大きくなっています。

たくさんの本があればあるほど、どれを手にとっていいかわからないという人も多いかと思います。

週刊英字新聞「the japan times alpha」編集長の高橋敏之さんが書かれたこの本は、本のタイトルに「最後の」とついてます。

その文字どおり、もうすでに何冊か手にとっている人、この本がこれからの英語学習の決定打になります。

まだ英語学習方法に関する本を読んだことがない人、英語学習方法を知ることは大事ですので、こちらを最初に手にとってください。

言い過ぎのように聞こえそうですが、そう勧めたくなるくらい、とても良い本だったので、これから本書の特徴とオススメポイント、参考になったことをお伝えします。

「英語 最後の学習法」の目次と構成。

Chapter(章)ごとのタイトルのみ、抜粋すると、以下のような内容になっています↓

  • Chapter 1 英語学習を「正しく」理解する
  • Chapter 2 英語の「理解力」を鍛え上げる
  • Chapter 3 「インプット」を怠らない
  • Chapter 4 「会話力」を高めるには
  • Chapter 5 「ライティング力」の伸ばし方
  • Chapter 6 「文法」が英語習得をスピードアップ
  • Chapter 7 ボキャブラリーの「正しい」増やし方
  • Chapter 8 モチベーションを維持するには

「英語学習とは何か」から始まり、英語力を構成する要素ごとに学習のポイントを抑えています。

まず、書籍としてとてもよいと思ったのは、読みやすい構成であることです。

Chapter 1から全ての項目に、Question(以下、Q)があり、そのQに答える形で話しが進みます。

Qをいくつか引用すると、

  • 英語を身につけるには、まず何をしたらいいの?
  • 英会話スクールには行った方がいい?
  • 英語を身につけるのに文法は必要?

など、多くの英語学習が一度は考えたり耳にしたことがある内容です。

一つのQは多くて4ページ程度で、簡潔にポイントが示されてあり、一度読み始めたら2時間もかからず読めてしまうという読者フレンドリーな読みやすさがあります。

また、所々にExerciseのコーナーがあり、普段行っている英語学習についてなぜそれをやっているのか考えたり、英語学習の時間を作るためのスケジュールを考えたりする部分があるので、

読み終わった後に行動に移すためのプランニングができるところがとてもよいと感じます。

「英語 最後の学習法」を読んで考えたこと。

目標達成までの全体像を描く。

Chapter 1では、英語学習者が学習を開始する上で一度は考える疑問について書かれてあります。

最初のQ1は、「英語を身につけるには、まず何をしたらいいの?」です。

高橋さんは、高校野球の練習に例えて、勝てるチームを作るためのメニューを考えるのと同様に、英語学習も目標達成のために必要なことは何かと全体像を描くことが不可欠と仰っています。

ボク自身、英語学習をする上で目的・目標を意識して学習することがとても重要だと考えています。

学習者のそれまでの英語学習歴によって現在の英語力にはばらつきがありますし、当面の目標に対してどんな英語学習をしてその目標をクリアしていくかも人によってそれぞれです。

TOEICや英検などの英語資格試験、大学受験であれば、それに合格するための力を伸ばすことが必要です。

英語でコミュニケーションが取れるようになる、というのであればリスニング力とスピーキング力が大きなウェイトを占めてくるので、現状の自身のウィークポイントを把握した上で、それらの力を伸ばすための学習が必要です。

マラソンでいえば、闇雲に走っていたらゴールに辿り着けないのと同様に、英語を身につける学習をする前に、英語を身につけるために何をすればよいか、目標達成のためにどんな学習をしたらよいか考えることが英語学習のスタート地点と言えるのではないかと感じました。

英語学習の現実を知る。

本書を読んでいて驚き、ハッとし、でもこれを知ってもらうことは必要だ、と思ったのが、Chapter 1のQ3、「なぜ英語ができるようにならないの?その1」に対する回答です↓

まず挙げられるのは、英語学習に対する意識の低さ、認識の甘さです。言い換えると、1つの外国語に精通することがどれだけ大変かを理解していないということ。

それ以降のところで、学習する量と経験の不足と続いて仰っていますが、確かに、中学・高校で教科書や入試問題の英文を読んだ量はペーパーバックの1冊にも満たない量です。

まして話す量を確保できる中学・高校生活を送る方は極めて少ないと思われるので、6年間学習したとしても、その量と経験では難しいはずです。

また、世に出ている英語学習本の甘い言葉に乗せられてしまう、あるいは中学・高校でのやり方が悪かったからと誤解してしまい、楽な方に逃げてしまう、ということに警鐘を鳴らしています。

このことについて、強いメッセージ性を持って論理的に説明してくれる英語学習本に出会ったのは初めてと言っても過言ではありません。

時間がない社会人にこの現実を突きつけられると厳しいと感じる部分があるかもしれませんが、英語をある程度使いこなせるようになるためには時間がかかることを意識の中心に据えた方が、すぐに肌で実感する成長が感じられなくても、コツコツと粘り強く学習できるのではないかと思います。

インプットの大切さ。

知識を理解し頭の中に入れるインプット、今まで受けてきた英語教育や自身の学習法においてこのインプットが多いから、実際に会話の場面でアウトプットとして言葉が出てこないんだ、とボクは思っていた時期があります(かなり昔のことですが)。

会話の中で後で振り返って、「言えるはずのことがとっさに口から出てこない」のであれば経験が不足しているとも言えますが、そもそも知識がないこと、なんて言っていいかわからないことがアウトプットの場数を踏んだだけで口からある日突然出てくることはありません。

高橋さんはこう仰っています↓

「言いたいことを英語にできない」という悩みを抱えている人は多いと思いますが、これは会話練習が不足しているというより、そもそも英語に触れる量、すなわちインプットが不足しているケースがほとんどです。

読んだり聞いたり、自分で調べたりしてそれを英語を話す・書く場面で適切にアウトプットができるようになるために、たくさんのインプットをして英語表現を頭に貯め込んでおく、これがとても大事だということを改めて実感しました。

英語を話す場をたくさん持てば自然と英語が話せるようになるというのは、それまで良質でたくさんのインプットをしている人がバランスよくアウトプットの機会を持つことで、英語運用能力の向上が見込まれるということです。

このことを忘れずに、多読などを中心とした大量のインプットと、良質なインテイク、そしてアウトプットの機会を作ることを心がけたいと思います。

「英語 最後の学習法」を読んで取り入れようと思ったこと。

本を読んだ後に、読んだことを行動に移すことで、読書の効果が発揮されます。反対に言えば、読んで理解した気になっているだけだと、本を読んだ効果は薄いです。

ということで、本書を読んでさっそく取り入れることを一つ挙げます。

それは、インプットした内容を「定着」させるためのリスニングです。

移動中にイヤホンをしてリスニングをするのが日課になってはいるのですが、移動中に他のことを考えていたり、目に止まったものに気を取られていることも多く、リスニングが聞き流しになっている気がしていて取り組み方の見直しが必要と感じていました。

聞き流しになる要因として、リスニングをしているものの内容が難しくて聞き取れなくなっている、あるいは、聞き取れているけど集中できないうちに聞き取れない部分が出てきて話の筋がわからなくなっている、ということがあります。

そこで、移動中やながらリスニングの際には、すでにインプットしている素材のみをリスニングしようと考えました。

何度か読んだり音読したり聞いたことのある素材であれば、聞きながら復習として確認をしたり、つぶやくようにシャドーイングをしたりとより集中できる条件になります。

そして何より、文章を繰り返し読むより繰り返し聞く方が負担が少なく、場所を選ばないため続けやすいので、移動中のリスニングは復習として「定着」させたい素材を扱うことを実践します。

「英語最後の学習法」のまとめ。

  • 著者は「the japan times alpha」編集長の高橋敏之さん
  • 英語を学習する人が疑問に思うこと(Q)に答える構成で読みやすい
  • 英語力を「理解力」「表現力」「文法」「ボキャブラリー」という角度か
  • ら学習法を展開されていてわかりやすい
  • 学習者の大きな悩みの一つ、モチベーションを維持するコツも書かれている
  • 定価:本体1,400円(税別)

こんな人に特にオススメ!

  • 英語学習方法で悩んでいる人
  • 英語学習を始めようと思っているけど何をしていいかわからない人

今後、「英語学習方法について書かれた本でオススメがありますか?」と聞かれたら、必ず本書を紹介します。いや、オススメを超えて、マストとして読んでほしいと伝えます。

走り出さなければゴールには辿りつかないわけですが、たった1,2時間の読書でゴールへの視界がクリアになるのであれば、読まない手はありません。立ち止まって読み、そこから走り出せばぐんぐん加速していきます。


お読みいただき、ありがとうございました!

Thank you for your smile 😀


画像引用元:Amazon.co.jp

コメントを残す